もうすぐ、学校は夏休みですね。

「夏休みのある小学校時代に帰りたい♪」はミスチルの「光の射す方へ」の一節で、私の本音ではございません(笑)。

 

さて、弊社の恒例となってきました、夏休みの高校生インターンシップの受け入れ。

2013年から、奈良朱雀高校さんの依頼により、高校2年生が職業体験として、弊社に5日間だけ、来てくれています。

実際の現場で、現役の大工さんと同じ時間を過ごしていただきます。

大工さんになりたい夢をもった高校生が、その夢を現実にするために、何が必要か? 仕事をするとはどういうことか?など、

学校では体験できないリアルな現実を体験してもらいたいと思います!!

今日、高校の担当教員さんとインターンシップの打ち合わせをしたのですが、昨年実習受け入れをしたT君が、インターンシップ後、見違えるように積極的になったとの報告を受けました。

本当にうれしい報告でした。昨年の実習中(4日目だったかと思います)、積極性のみられないT君に怒ったことがありました。T君のため。T君の将来のためと思ったからです。

最終日の5日目、彼は見違えるように心を入れ替え、積極的に実習に取り組み、最後に職人さんたちと、笑顔でアイスクリームを食べたことを思い出しました。

その最後にみせた積極性が、今も残っているようで、5日間だけの指導員ですが、やりがいを感じずにはいられません。

 

また、今年もインターンシップが7月25日からはじまります。

気合いを入れて、新しいJ君に向き合いたいと思います!

 

2013年のS君。元気にしてるかな?

 

2014hkun 2015tkun 2015tkun2